補助金って住宅に必要?

月別: 2016年11月

住宅ローンの最適な返済年数とは

住宅ローンを決める時には悩む事が多いです。
一番多いのは返済年数ではないでしょうか。
例えば、返済年数が5年違うだけで約100万円ほど返済額が違ってきます。
住宅ローンは返済年数が多ければ多いほど、利息がプラスされるシステムです。
つまり、返済年数が多いほど、損をしてしまうのです。
住宅ローンには返済期間というものがあります。
返済期間が多いほど利息がプラスされるので、返済期間は短い方が良いです。
多くの人が定年を迎える60歳までに返済を終わらせる事がベストですね。
なぜ60歳までなのかといいますと、60歳以降は収入がなくなってしまう方が多いからです。
多くの人が60歳以降は年金生活のみで生活をする事になります
収入が年金生活のみであるにも関わらず、ローンの支払いが残っているというのはリスクが大きすぎるんですよね。
定年後に安心して生活する為にも、ローンの返済期間は60歳までに終わらせられる範囲の期間にされる事をお勧めします。
また、ローンの返済を早く終わらせる為に、返済期間を短くされる方は少なくありません。
しかし、返済期間が短すぎると、毎月の返済額が多すぎて払う事ができないという可能性もあります。
返済期間はよく熟考してから決められる事をお勧めします。

2016年11月4日     0 Comments

マンション売却の際に行う媒介とは?

マンション売却を行うためには様々な不動産に関する知識がなければ失敗してしまう可能性があります。
知っておくべき知識として概要だけを述べるとしても、民法について代理や相続、借地借家法といった法律に加え、マンション売却を行おうとしている地域の用途地域がどのような地域に該当してどのようは法令上の制限が関係しているのか?また不動産取得税や固定資産税、贈与税や印紙税などの税に関する知識、不動産取引には不可欠な宅地建物取引業法など様々な幅広い知識が求められます。
そのためマンション売却を考慮しているなら宅地建物取引士が設置されている不動産業者に相談する事がお勧めです。仲介という言葉があるますが専門用語では媒介と言います。
そして宅建業者と結ぶ契約には3つの媒介契約があり、自らも買主を探しつつ宅地業者にも買主を探していただき、期限の制限のない一般媒介契約、また同じ条件に加え期限の制限が3月を超えない範囲という制限があり、指定流通機構への登録も行う専任媒介契約。
そして宅建業者が紹介した買主としか契約が出来ない専属専任媒介契約といった3つの契約方法があります。
それぞれにメリットとデメリットがあるため、契約を結ぶ前にどの契約が自分のマンション売却において相応しいかを判断して契約する事が大切です。
マンション売却を考慮中であるならまずは宅建業者に相談してみる事をお勧め致します。

    0 Comments

住宅ローンに別のローンを上乗せできるかの問題

住宅の新規購入にあわせて、車も買い替えを検討する場合はあります。
しかし原則として、住宅ローンに対して、自動車購入のための費用を上乗せする事はできません。
住宅ローンは、通常のローンサービスに比較して、金利面で有利です。
利息支払いの負担が少なく、また住宅購入が目的であれば税金の面でも優遇があります。
そのため、自動車ローンとは性格が異なるものであり、そのまま住宅ローンの上に上乗せするというのは難しいです。もし自動車購入のための資金の上乗せが必要であるなら、個別にカーローンの契約を結ぶ方法があります。
ただし、住宅ローンに加えて、新たにカーローン契約で借り入れを行うというのであれば、返済比率について注意が必要です。
債務者の年収に対し、借入額が増えるとなると、銀行など金融機関からの審査条件が厳しくなります。
そのため、たとえ住宅ローンの審査は通ったとしても、追加でカーローンでの借り入れを行う際には、審査で不可になる場合も想定が必要です。
このようなことから、住宅や自動車の購入では、計画的にローンを利用するのが大切です。
年収に見合った資金を借り入れ、無理のない範囲で返済計画を立てれば、問題はありません。

    0 Comments

いくらの住宅ローンにするかを決めておこう

分譲マンションや一戸建てをこれから購入すると言うのであれば、住宅ローンをほとんどの場合は組むことになるはずです。
一括で購入するだけの余裕があるなら、もちろん一括で購入した方が金利手数料もかからないのでお得でしょう。
しかし、そういったお金を作ることができない状態だと言うのであれば、基本的には住宅ローンを組むことになります。
いくら位の金利手数料なら毎月の支払いで負担がかからないのか、その計算を最初にやっておきましょう。
その計算が全くできないと言う人も、最近はそれぞれの不動産業者のホームページで数字を入れるだけで計算できるようになっているため、上手に活用すれば概ね見当がつくようになっています。
もちろん、直接不動産業者に問い合わせをして、いくら位の金利手数料になるのかを教えてもらっても良いでしょう。自分の予算を伝えておけば、そこでたたき出してくれた住宅ローンの金額を支払うことが現実的かどうか、しっかりと判断してくれます。
そこのアドバイスをしっかりと聞いて、総合的に判断できるようにしておきましょう。
いくら位のお金を用意できるのか、どのくらいの頭金を用意してどれくらいの手数料なら耐えることができるのか、そこは最初に必ず理解しておきたいところです。

    0 Comments

住宅ローンはパートの方の審査も出来ます

住宅ローンはパートの勤めの方でも審査は行う事が出来て、年収などを色々と調べていく中で借り入れがスタート出来るのかを判断する事が出来る様です。
まずは住宅の取引も、色々な方が考えている流れであり毎月の家賃の負担で賃貸を借りている方が月々8万円ほど支払っていれば、そこで住宅ローンを組む事で返済を行うともっと安い金額で取引を行う事が出来る様です。
パートでの審査を行なう状況としても、まずは住宅ローンの返済を考えた所で、滞りなく行なえる事が条件として銀行としても借り入れを許可する状況となります。
パートとして働いている方にとっては、それぞれ審査を行なう状況として毎月の負担をどれだけ出来るのかがポイントとなり、銀行に対しても安定して収入を得ている流れで、幾らでの生活を行なって住宅ローンの借り入れが可能かどうかを判断してもらう状況となります。
まずはこうした取引も住宅の購入の為にパートとしての仕事で普段の生活費をまかなっている状況としても、銀行での審査を受ける事は出来ますが、シビアな審査を行なう状況では中々住宅ローンも通りにくい現実があります。
パートでの収入によっては考えられる所でありとりあえず銀行の判断が待たれます。

    0 Comments

住宅ローンの返済のピンチで考える

住宅ローンの返済のピンチで考えると、例えば勤め先を辞めてしまい返済が行えないと言ったケースでは、一旦銀行に相談を行い住宅ローンを止めてもらう交渉を行う必要があります。
支払いのピンチで色々と考えると、やはり自分ひとりで悩んでいても解決法にはならない状況であり、そこを踏まえて住宅ローンのピンチに関して、相談を行う事も重要となります。
悩みを解決する部分では、新たな勤めを行うまでの間をローンの休止状態として銀行に相談を持ちかけるなど、色々とそこで対応してもらう事も多くなります。
住宅もやはりそれぞれの悩みを解決する事から考えると、住宅ローンも最大で35年間の返済期間があり、人生も山あり谷ありの状況でピンチを迎える時もあったりします。
みんながみんな順風満帆で生活を送る事が出来る訳でもなく、やはりこうしたローンに関しての悩みも発生する事となるでしょう。
こうした時に一人で悩んでいても良いアイデアは浮かばない事が多く、やはり相談をする事で少しは良いアイデアの基で住宅ローンのピンチを乗り越える為の作戦を考えてもらえます。
しっかりとその辺りを考えながら対応すると、まずは住宅購入で家を守る事からより良いアドバイスをもらえる様です。

    0 Comments

金融機関が開催している住宅ローンへの参加のメリット

住宅ローンを利用できる金融機関では、定期的に相談会を開催しています。
これは、これから住宅ローンを申し込みたい方、現在ローンを利用している中で疑問を持っている方が参加することで、悩みを解消可能なメリットがあります。
無料なので、気軽に参加できる点が魅力的です。
金融機関への相談は、窓口や電話などでも可能です。
しかし、金融機関は基本的に土日や祝日は休業となっています。
そのため、土日や祝日が休日という方の場合、なかなか相談できないので困ることになります。
しかし、相談会は休日に開催している金融機関が多いです。
そのため、土日や祝日が休みの場合でも住宅ローンの相談は可能です。
ただし、休日の相談会は毎週開催しているわけではありません。
月に数回、数カ月に一回など、金融機関毎によって日程は異なっています。
開催の情報を知るためには、金融機関へ聞いてみる方法が確実です。
また、新聞の広告に相談会の情報が掲載される場合もあります。
参加人数に制限を設けている場合があるので、絶対に参加したい時は定期的に金融機関へ問い合わせを行ったり、金融機関に訪れた時に開催予定の貼り紙を見たりなど、相談会が開催される情報を逃さないことがポイントです。

    0 Comments

住宅ローンの審査基準とは?

マイホームを購入する際にほとんどの方は住宅ローンを利用しています。
一般的なカードローンやキャッシングとは異なり、高額の融資を受ける事から長期的な完済を目指す事が出来るプランが多くなっています。
特に、金利が低く設定されていたり固定されていたりといった特徴が住宅ローンにはある事で明確な返済計画を立てる事が出来ます。
住宅ローンは、審査が厳しい事で有名となっています。
低金利や固定金利で高額を融資する事は貸主側にもリスクが生じる事が理由として挙げられます。
また、審査基準が気になるといった方も多いと思います。
審査は「収入」「健康状態」「他社での利用状況」といった様々な視点から総合的に行っています。
健康状態とは、申し込みをした方の健康を調べる事になります。
長期的な返済をする事から安定した収入を得るのに健康ではないといけないといった理由があります。
また、他社での利用状況とは、申し込みをした時点でキャッシングやカードローンを他社で利用していないかといった点や過去の利用で返済に遅れていないかといった点を確認します。
多くの方が見落としがちとなるのが、リボ払いや車のローンも含まれているといった点です。
完済していない場合には、審査を通る事が出来ない原因になります。
返済期日に遅れる事なく正しく利用する事が出来ている場合には、利用実績の証明をする事が出来ます。

    0 Comments

不動産査定のソフトが販売されている

一般に不動産査定を受ける時は、専門の業者に依頼します。不動産査定の対象になるいろいろな要素は、一般の人には分からない面もあるので、業者の判断を仰ぐのは悪いことはではありません。
しかし、業者による不動産査定に納得できないこともあるでしょう。
もっと高い値段で売れると思っていた自宅の査定価格が驚くほど低かったら、がっかりして納得できないのは人間として自然な感情です。
ソフトを使って、査定したら人間が査定する場合よりも、客観的な結果を得ることができます。
人間の場合は、どうしても主観が入ってしまいますが、ソフトを客観的なデーターをもとに査定価格を出すので、精度が高くなります。
不動産査定ソフトは1万円前後で購入できる場合があるので、一般の人でも入手できます。
売るときに一番活用できますが、中古マンションを買う時などに使うこともできます。
あらかじめそのマンションの価値を知ってから購入すれば、売却時に安い値段で手放す必要がなくなります。
そのソフトで計算して、最初からできるだけ資産価値の高いマンションを買うようにすれば良いのです。
また売却時にも不動産査定会社の出した査定価格が満足できない時は、ソフトの価格を見せて交渉に使うことができます。

    0 Comments

住宅ローンの審査に納税証明書は必要?

住宅ローンの借入を行う際は、自身の雇用形態や収入の状態によって提出する書類が変わってきます。
一般的には給与所得のみで、会社が年末調整を行うことから確定申告をすることもないため、そうした人では源泉徴収票の提出のみで済むようになります。
しかし、給与所得だけでなく不動産投資を行っていたり、事業所得などがある場合は、確定申告書およびに納税証明書を提出する必要があります。
納税証明書とは4つの種類に記載され、納付すべき税額や未納税額の証明、所得金額の証明、未納額がないことの証明、滞納がないかの証明で分けられています。
特に自営業の人が住宅ローンの申し込みを行うと、源泉徴収票がないので、前述のように所得金額を証明するために、納税証明書などを提出することになります。
通常であれば自営業の人でも必要のない証明書ですが、住宅ローンなどの大きな借入を行う際には必ず必要となってくるものなので、分からない場合は提出を求める金融機関や税理士、自治体などに相談してみると良いでしょう。
余裕を持って書類を揃えるには時間が必要になるので、あれこれ悩む時間があれば知らないことは素直に質問してすぐに解決するようにしたいものです。

    0 Comments