補助金って住宅に必要?

住宅ローンの最適な返済年数とは

Written on 2016年11月4日   By   in 未分類

住宅ローンを決める時には悩む事が多いです。
一番多いのは返済年数ではないでしょうか。
例えば、返済年数が5年違うだけで約100万円ほど返済額が違ってきます。
住宅ローンは返済年数が多ければ多いほど、利息がプラスされるシステムです。
つまり、返済年数が多いほど、損をしてしまうのです。
住宅ローンには返済期間というものがあります。
返済期間が多いほど利息がプラスされるので、返済期間は短い方が良いです。
多くの人が定年を迎える60歳までに返済を終わらせる事がベストですね。
なぜ60歳までなのかといいますと、60歳以降は収入がなくなってしまう方が多いからです。
多くの人が60歳以降は年金生活のみで生活をする事になります
収入が年金生活のみであるにも関わらず、ローンの支払いが残っているというのはリスクが大きすぎるんですよね。
定年後に安心して生活する為にも、ローンの返済期間は60歳までに終わらせられる範囲の期間にされる事をお勧めします。
また、ローンの返済を早く終わらせる為に、返済期間を短くされる方は少なくありません。
しかし、返済期間が短すぎると、毎月の返済額が多すぎて払う事ができないという可能性もあります。
返済期間はよく熟考してから決められる事をお勧めします。