補助金って住宅に必要?

マンション売却の際に行う媒介とは?

Written on 2016年11月4日   By   in 未分類

マンション売却を行うためには様々な不動産に関する知識がなければ失敗してしまう可能性があります。
知っておくべき知識として概要だけを述べるとしても、民法について代理や相続、借地借家法といった法律に加え、マンション売却を行おうとしている地域の用途地域がどのような地域に該当してどのようは法令上の制限が関係しているのか?また不動産取得税や固定資産税、贈与税や印紙税などの税に関する知識、不動産取引には不可欠な宅地建物取引業法など様々な幅広い知識が求められます。
そのためマンション売却を考慮しているなら宅地建物取引士が設置されている不動産業者に相談する事がお勧めです。仲介という言葉があるますが専門用語では媒介と言います。
そして宅建業者と結ぶ契約には3つの媒介契約があり、自らも買主を探しつつ宅地業者にも買主を探していただき、期限の制限のない一般媒介契約、また同じ条件に加え期限の制限が3月を超えない範囲という制限があり、指定流通機構への登録も行う専任媒介契約。
そして宅建業者が紹介した買主としか契約が出来ない専属専任媒介契約といった3つの契約方法があります。
それぞれにメリットとデメリットがあるため、契約を結ぶ前にどの契約が自分のマンション売却において相応しいかを判断して契約する事が大切です。
マンション売却を考慮中であるならまずは宅建業者に相談してみる事をお勧め致します。